研究概要


 私たちの身の回りにある金属、半導体、磁性体などの多様な性質は原子の中にある電子により支配されている。私たちは、電子のもつ小さな磁石であるスピンに地磁気の100万倍以上の強い磁場を加えて、物質の機能や状態を制御する方法を確立することを目指している。このためには、このような強い磁場中で物質を精密に調べる実験手法が必要である。これまで不可能であった100テスラ領域におけるX線散乱や磁気共鳴、時間分解分光などの最先端の手法を世界に先駆けて開拓し、物理、化学、生物の連携による分野横断的なスピン科学を推進する。これにより、物質のスピンによる制御や化学物質やたんぱく質の働きのスピンによるプローブなどが可能になる。



Abstract of Research Project



The project aims at the investigation of the basic principles for spin control of materials and of the novel phases induced by extremely strong magnetic fields. For those purposes, we will develop powerful microscopic methods in non-destructive magnetic fields of 100 Tesla range, such as X-ray scattering, magnetic resonance and time resolved spectroscopy. High field properties of materials such as itinerant magnet, semiconductor, superconductor, complex material and protein will be investigated by those advanced techniques with high precision. The project will lead to the establishment of interdisciplinary high field spin science and the expansion of its frontier.





indexへ戻る