計画研究A03: 実空間手法を用いた強磁場ナノ領域電子相の解明

(研究代表者)

小林典男(東北大学・金属材料研究所・教授)

役割分担

研究統括および遷移金属酸化物のSTM/STS

(研究分担者)

為ヶ井強(東京大学・工学系研究科・助教授)

磁気光学法による微視的磁気構造・不均一性評価

花栗哲郎(理化学研究所・高木磁性研・先任研究員)

強相関電子系の電子状態の原子スケール評価

音賢一(千葉大学・理学部・助教授)

半導体閉じ込めキャリアの物性と空間分布

町田一成(岡山大学・大学院自然科学研究科・教授)

理論解析と実験のデザイン

西嵜照和(東北大学・金属材料研究
所・助手)

ハイブリッドマグネットによる強磁場STM技術の開発

研究の概要

 強磁場中で、遷移金属酸化物を中心とする強相関電子系物質及び低次元量子構造中の局所的な電子状態・磁気構造・発光を、走査トンネル顕微鏡、磁気光学法、微細加工技術を利用した実空間手法を用いて観測し、電荷・スピン秩序や超伝導秩序変数の空間的変動、種々の電子・磁気相転移など、これまで直接的な決め手に欠けていた強磁場に特徴的な現象を実験・理論の緊密な連携により解明する。




戻る